乳酸菌で健康的な身体になろう【自然の力でピーピーお腹改善】

花

不飽和脂肪酸の健康効果

水と錠剤を持つ人

効果を長持ちさせるために

EPAは青魚などに多く含まれる不飽和脂肪酸の一種です。動物性の油に含まれる飽和脂肪酸と違って、油脂ですが体内の中性脂肪を減らす効果が高いとされています。そのため血液をサラサラにして、動脈硬化や高血圧・血栓症などを予防するサプリメントとしても人気があります。しかし青魚は腐りやすいことからも分かるように、EPAは非常に酸化しやすいというデメリットがあります。ですから食品から摂り入れるなら、新鮮なものを食べないと意味がありません。サプリメントにしても、できるだけEPAが変質しないように工夫されたものが望ましいと言えます。たとえばビタミンEやセサミンなど、抗酸化作用のある成分が配合されていれば、EPAの酸化を防いでくれるでしょう。

続けやすい製品を選ぶ

1日に必要なEPAの分量を、魚だけから摂取するのは簡単ではありません。また魚には水銀などの重金属が含まれている場合もあるので、不足分はサプリメントで補うのが安全確実と言えます。そのサプリメントにも多くの種類がありますが、まず注目したいのはEPAの含有量です。多ければ良いというわけではありませんが、必要量がしっかりと含まれている製品を選びましょう。もちろん値段との兼ね合いもあるため、コストパフォーマンスを重視するのも一つの方法です。サプリメントには錠剤やカプセルなどの形があり、1日あたりの分量にも製品によって差があります。サプリメントは毎日続けることに意味があるので、飲みやすく続けやすいものを選ぶのが大切です。